Ubuntuを便利にするために参考になるページたち

タイトルのとおりです.

ランチャーに自動登録されないアプリを手動で登録する方法

UnityHub.AppImageから起動するとターミナルが占有されてうっとおしかったが,これでハッピー

neovimの導入

環境はUbuntu 20.04 LTS. 脳死sudo apt install neovimするとver.0.4.0がインストールされたが,この記事に従ってインストールすると最新版(2021.12.28現在)のver.0.7.0を入手することができた.

python3.9のインストール

このセクションでは,環境がWSL2(Windows 10) Ubuntu-18.04となっている.

この記事を見てコマンドを打っていく.
インストール後にpip3を実行すると以下のエラーが出るだろう.

Traceback (most recent call last):
  File "/usr/bin/pip3", line 9, in <module>
    from pip import main
  File "/usr/lib/python3/dist-packages/pip/__init__.py", line 29, in <module>
    from pip.utils import get_installed_distributions, get_prog
  File "/usr/lib/python3/dist-packages/pip/utils/__init__.py", line 23, in <module>
    from pip.locations import (
  File "/usr/lib/python3/dist-packages/pip/locations.py", line 9, in <module>
    from distutils import sysconfig
ImportError: cannot import name 'sysconfig' from 'distutils' (/usr/lib/python3.9/distutils/__init__.py)

調べてみると,pythonのバージョンを3.9にしたのにdistuitilsというライブラリは3.9用になっていなかったことが原因らしい. 解決策は以下の記事で紹介されていた. stackoverflow.com

sudo apt updateできない

Ubuntu20.04 LTSでPythonのバージョンを3.10.2に更新したところ,sudo apt updateコマンドがエラーで終了する.upgrade,autoremove, autocleanは動くのに.

WSLのpython3.6でapt_pkgがないとか言われる話 - inuyosi’s diary に従うと解決できた.